個別トレーニング

個別トレーニングコースとは – 五教科対応個別指導

当スクール独自のPDCAメソッドに基づき、専任講師の指導のもとで行われる問題演習中心の個別指導学習です。わからないところは、先生に質問しながら理解を深め、実力をつけていきます。学力を定着させるには理解度に合った問題を何度も練習することです。そして、その練習の量と質がものを言います。当教室では、問題出力用にコンピュータを使い進捗管理を行うことで、たくさんの問題数の中から、それぞれの生徒に最適な問題を抽出・出力することができます。

新しい時代のニューシステム – PDCAメソッド with 「eトレ」

PDCAサイクルで学習 当スクールでは、経営学やマネジメント等、社会に広く使われているPDCAサイクルの概念を学習の場にも応用。自らの目標に向かって、意欲的に学習。改善点をチェックして、次へのステップへ。自らが「学びたい!」「知ることが楽しい」と思える積極的な学習意欲につながっていきます。これらの学習環境とPDCAメソッドの考え方を最善の形で実現させるため、当教室では教育開発出版の「eトレ」システムを採用。1人の生徒だけのための完全個別学習メニューをPDCAメソッドの中で実現させました。

今、そこにある課題を解決

当スクールの個別トレーニングは完全個別メニュー(個別指導型)で進みます。

大きな力に 生徒一人ひとりの学力・目標に応じてぴったりのメニューを作るから、ムダがありません。コンピュータには、数10万ページもの問題がインプットされていて、基本の確認から入試レベルまでの問題を収録。学校の予習復習から受験対策、小学校低学年には漢字や計算のトレーニング、中高学年の予習復習・演習量の確保にも対応しています。

中学生のためには、定期テスト対策から県立・私立高校の入試対策、過去問題演習まで。あらゆる学力アップに応じる個別メニューを創ります。また、わからない点、もっと理解を深めたい点などがあれば、専任講師が即座に対応できる体制を整えており、生徒の「学習したい」という意欲を積極的にサポートします。

フリースケジュール&カリキュラム

好きな時間に好きなだけ学習。部活動や習い事との両立も簡単。当スクールの個別トレーニングコースは、教科・日程・時間の自由な組み合わせが可能です。週1回(115分)からの学習が可能です。時間帯の変更や追加もできます。

教室オープン日は年間46週です。

教室オープン日は半年ごとにニュースレター(紙で配布)で事前にお知らせしていますし、こちらの教室カレンダー(Googleカレンダー)でも確認できます。

現在開講中の曜日・時間

    • 月曜日 19:30~21:25(主に中学生)
    • 火曜日 17:30~18:25(主に小学生)
    • 火曜日 19:30~21:25(主に中学生)
    • 木曜日 19:30~21:25(主に中学生)
    • 金曜日 19:30~21:25(主に中学生)
    • 土曜日 10:05~12:00(小・中学生)

お月謝一覧

    • 中学生:週1回(2時間) 10500円(税別)
    • 中学生:週2回(4時間) 19000円(税別)
    • 小学生:週1時間(英語クラスとの併用のみ可)6500円(税別)
    • 小学生:週2時間 9000円(税別)
      • 年間教材費:7000円(税別)に加えて、時間追加ごとに1080円ずつ追加されます。お月謝の詳細等についても、お問い合わせ時にご説明します。

レッスンの振りかえ、欠席等の事前連絡について

個別トレーニングコースでは、学校行事による欠席の場合、他の時間帯に空きがある場合には事前にご連絡をいただいて振替できるようにしています。準備等の都合がありますので、以下の点についてご理解ご協力をお願いいたします。

    • 欠席される場合は必ずご連絡ください。連絡なくお休みされた場合は欠席と、振り替えができませんので、ご注意ください。
    • 振替される場合には前日までにご連絡をお願いします。(事前のご連絡なく振替に来る、ということのないようお願いいたします。)
    • 振替については、原則、当月または翌月中にとっていただくようお願いします。
    • 部活動の延長練習、試合等の場合は振り替え対象とはなりませんのでご了承ください。

スモールステップで無理なく学習 小さな「できた」が大きな「学力」へ

学習は、自主的な取り組みの中で飛躍的に伸びていきます。当教室の個別トレーニングは、安易に解法や答えを教えてもらうのではなく、「自分で解けた!」という達成感を生徒自身が感じることで、生徒の自主的な学習意欲を向上させ、効率的な家庭学習にもつながっていくことをねらいとしています。

以上の点をご理解いただき、家庭内での保護者の皆様の学習サポートについてご協力いただきますようお願いいたします。