2022年、新年の抱負 – New Year’s Resolution

新年第1回目のレッスンでは、中学生のみんなに”New Year’s Resolution(新年の抱負)”を 書いてもらいました。

「部活のバドミントンで先輩に勝つ!」「本をたくさん読んで知識を付ける」「何事も積極的に取り組む」など、様々な目標がありますが、やはり一番多いのは「勉強頑張る!」でした。

しっかりと目標を持って、充実した一年を過ごしてもらいたいです。

Happy New Year 2022 – あけましておめでとうございます!

マスクをつけてのレッスンも間もなく2年。すっかり慣れたようですね。たまに「写真を撮るから一瞬だけマスクを外して」と頼むと、しばらく見ない間に成長した顔を見て、驚くこともあります。

大人にとっては短い1年も、生徒たちにとっては成長のための貴重な1年。英語についても“成長した”と実感できるようなレッスンを行えるよう、今年も指導していきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

講師 沢崎幸江

“Happy New Year 2022 – あけましておめでとうございます!” の続きを読む

英語で日記も書ける! 小学生クラスで過去形の学習を始めました!

木曜4,5年生のクラスで過去形の学習を始めました。

過去形を使うと日記も書けるようになるよ」と伝えると、「やったー!」という反応でまずは一安心。

不規則動詞については過去形を覚えていかなければいけないので少し大変です。

レッスンでは、まず各自辞書で過去形を調べてもらいました。

いつもながら、辞書を使うとなると、みんな我先に、とスピード競争になって面白いです。

“I found it!” と手を挙げて過去形を発表してくれました。

楽しみながら過去形の学習も勧めていけるといいなと思います。

英会話スクールでほうれん草?英語で法蓮草は?

父が育てたほうれん草を教室のみんなに分けました。

その数実に100以上!

 

父の老後の趣味の一つの野菜作りですが、毎年この時期はチンゲン菜や小松菜など、何かしら生徒用に育ててくれています。

 

“Do you like spinach?”の答えは、”Yes, I do.” “No, I don’t.”と様々でしたが、ほうれん草が嫌いな生徒も「お母さんが喜ぶ!」と嬉しそうに持って帰ってくれてよかったです。

1人の保護者の方は料理の写真も送ってくださいました。実においしそう!喜んでもらえてよかったです♪

イギリス・ウェールズからの手紙 – 一筆啓上の作品を日本語に翻訳

一筆啓上賞」で有名な福井県坂井市ですが、市と交流があるイギリス・ウェールズのプラスマウル校の中学生から応募があった作品を、市内の中学生有志が日本語に翻訳しました。

コロナ禍でイギリスへの留学ができず残念でしたが、今回の取り組みを通して、異文化理解がより深まったようです。また、詩的な表現を日本語に落とし込むのはなかなか大変だったようですが、皆楽しんで取り組めたようです。教室から参加した生徒に、その感想や大変だった点などについて聞きました。

春江中学 Hくん

最初は手紙を見ても何を伝えたいのかが分かりませんでしたが、周りの先生方の力も借りて段々と理解ができるようになりました。ただ日本語に直接翻訳するだけでは、送ってくれた人の思いが伝わらないので、相手の気持ちになったつもりで訳しました。中学生らしい言葉遣いにも気を付けました。

春江中学校2年 Rさん

文を一気に日本語に訳さずに、知っている単語を見つけて少しずつ正しい文にしていきました。相手が考えた内容を理解して、日本語に正しく直すのは難しかったです。

坂井中学 Yくん

手紙の内容に沿った人称で内容を表しました。異文化の人々の心情を手紙を通して理解できたかなあと思います。今度はこちらの考え方なども相手に伝えていきたいです。

ウェールズの旗

ニュースレター記事より

コラム:東京大学の受業 – リアル東大生ライフ!(第2回)

東大生というと、テレビで見る華やかな学生を思い浮かべるかもしれませんが、大多数は地味な大学生活を送っています。そんな普通の東大生の生活について、当教室の卒業生、SH(理科I類2年生、大石小学校出身)が不定期にレポートします。教室に通ってきている小学生、中学生にとって「大学」とはまだ遠い世界のことだと思いますが少しでも身近に感じてもらえると嬉しいです。(2021年10月ニュースレターからの掲載です。第1回「大学ってどんなところ?」はこちらから。


第2回:東大の授業

お久しぶりです、さわざき英会話スクール卒業生のSHです。再び執筆を依頼されましたので、今回は東大の授業についてお話ししていこうと思います。科目や時間割が固定されている小中学校とは異なり、大学では卒業や進級のための一定の条件を満たせばある程度自由に時間割を組むことができます。

① どのように時間割を組むのか

ほとんどの授業は1コマ105分で、月曜1限から金曜6限の決まった曜限に割り振られています。これが重ならないように、かつ決まったルールを満たすように履修する授業を決めていきます。

例えば2年生の終わりまでに英語を8単位・その他の外国語を6単位・数学を6単位・(中略)・合計で56単位以上取得しなければならない、のような要件が入学した科類によって決まっています。

理系学生は多くの場合基礎の数学・物理の授業が必修となっているので、それに加えて興味のある分野の発展的な授業を3~4個履修するのが一般的です。

しかし文転などを視野に入れて語学や社会科学の比重を増やしている人も多くいます。参考程度ですが以下に僕の昨年の時間割を貼っておきます。

② 実際に履修した面白い授業

大学の授業は、一方的に先生の話を聞くものだけではありません。履修してみて特に興味深かった授業をいくつか紹介してみようと思います。

一つ目は「分解してわかる環境問題」という集中講義です。オンライン開催だったのですが自宅にテレビが送られてきて、ZOOMで指示を受けながら各家庭で分解実習を行いました。具体的な構成パーツやそれが環境に与える影響を手に取りながら学べるよい機会でしたが分解したテレビは各自で処分しなければならず、非常に大変でした。

二つ目は「図形科学」で、非常に自由度の高い授業でした。3D モデルの作り方を学びましたが最終課題のテーマが自由で、授業時間の1/3くらいが実質自由時間になっていました。僕は風力を利用して歩行する機構を作りましたが、機関車や不可能立体など個性にあふれた高度な作品も多く提出されていました。

今回は以上となります。掲載内容に関する質問や今後のテーマのリクエストなどがあればお気軽に教えてください。

東大王になれるかな?算数クイズ大会2021を実施しました!

昨年、東大生(卒業生)をゲストに実施して大好評だった「算数クイズ大会」、今年も9月5日に実施しました。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。みんな楽しそうに問題に取り組んでいましたね!

 

3,4年生と5,6年生に分かれて行い、様々な算数クイズを解いてもらいましたが、驚いたのは、誰も「分からない」「あきらめた!」と言わなかったこと!

難しい問題も、一生懸命考え(時にはヒントをもらいながら)いる姿はとても素晴らしかったです。

 

今年は折り紙を使った問題にも挑戦。頭で図形を考え、最後は実際に切って答えを確認しました。

 

また、今年もゲストに迎えた東大生からは、普段の大学生活や大学のオンライン授業の様子などを教えてもらい、参加者は興味深く聞いていました。

Zoomによるオンラインレッスン – 対戦形式で比較級を学びました!

9月13日から18日の1週間、英語クラスはオンラインでレッスンを行いました。

どのクラスも、通常のレッスン内容を少し変更し、オンラインでも楽しめるようにレッスンを行いました。

 

木曜の小4,5年生クラスでは、現在、比較級・最上級を学習中ですので、”Which fruit is the sweetest?” を対戦形式で選んでいきました。

オンラインレッスンの様子

”A banana is sweeter than an apple.”など、比較の文を作って自分が甘いと思うフルーツを言っていき、一番を決めます。

最初はなかなかスムーズに言えなかった英文も、繰り替えし言っていくうちにスムーズに言えるようになっていきました。また、ゲーム要素もあって盛り上がりました。


今後も新型コロナウイルスの感染状況によっては適宜オンラインでのレッスンに切り替えていく予定です。

普段から、オンラインレッスンにも慣れて備える、また、オンラインならではの良さなども取り入れながら実施していく予定ですので、ご理解・ご協力、よろしくお願いします。

 

※当教室の感染対策等についてはこちらのページをご参照ください。

英検4級、5級対策講座、小学生の皆さんがんばったね!

夏休み期間中は、英検4級と5級の対策講座をひらき、多数の小学生が参加してくれました。

通常のレッスンとはことなり、英検に出てくる文法事項を確認したり、リスニングの練習を行ったりしましたが、「英検に合格したい!」という意欲的な生徒が集まっただけあって、皆真剣に学習に取り組んでいました。

毎回単語テストがあり、結構な量の単語を覚えなければいけないのですが、ほとんどの生徒が単語カードを使って単語を覚えています。

 

こちらは「暇な時間はいつも単語を確認している」という、Mちゃん(小学5年生)の単語カード。

 

コツコツ頑張っている成果もあり、毎回の単語テストはすべて満点でした。

 

語学の学習は「継続は力なり」です。すぐには成果は出ませんが、少しずつ力をつけていき、大きな自信へつなげていってもらいたいと思います。