東大王になれるかな?算数クイズ大会2021を実施しました!

昨年、東大生(卒業生)をゲストに実施して大好評だった「算数クイズ大会」、今年も9月5日に実施しました。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。みんな楽しそうに問題に取り組んでいましたね!

 

3,4年生と5,6年生に分かれて行い、様々な算数クイズを解いてもらいましたが、驚いたのは、誰も「分からない」「あきらめた!」と言わなかったこと!

難しい問題も、一生懸命考え(時にはヒントをもらいながら)いる姿はとても素晴らしかったです。

 

今年は折り紙を使った問題にも挑戦。頭で図形を考え、最後は実際に切って答えを確認しました。

 

また、今年もゲストに迎えた東大生からは、普段の大学生活や大学のオンライン授業の様子などを教えてもらい、参加者は興味深く聞いていました。

Zoomによるオンラインレッスン – 対戦形式で比較級を学びました!

9月13日から18日の1週間、英語クラスはオンラインでレッスンを行いました。

どのクラスも、通常のレッスン内容を少し変更し、オンラインでも楽しめるようにレッスンを行いました。

 

木曜の小4,5年生クラスでは、現在、比較級・最上級を学習中ですので、”Which fruit is the sweetest?” を対戦形式で選んでいきました。

オンラインレッスンの様子

”A banana is sweeter than an apple.”など、比較の文を作って自分が甘いと思うフルーツを言っていき、一番を決めます。

最初はなかなかスムーズに言えなかった英文も、繰り替えし言っていくうちにスムーズに言えるようになっていきました。また、ゲーム要素もあって盛り上がりました。


今後も新型コロナウイルスの感染状況によっては適宜オンラインでのレッスンに切り替えていく予定です。

普段から、オンラインレッスンにも慣れて備える、また、オンラインならではの良さなども取り入れながら実施していく予定ですので、ご理解・ご協力、よろしくお願いします。

 

※当教室の感染対策等についてはこちらのページをご参照ください。

英検4級、5級対策講座、小学生の皆さんがんばったね!

夏休み期間中は、英検4級と5級の対策講座をひらき、多数の小学生が参加してくれました。

通常のレッスンとはことなり、英検に出てくる文法事項を確認したり、リスニングの練習を行ったりしましたが、「英検に合格したい!」という意欲的な生徒が集まっただけあって、皆真剣に学習に取り組んでいました。

毎回単語テストがあり、結構な量の単語を覚えなければいけないのですが、ほとんどの生徒が単語カードを使って単語を覚えています。

 

こちらは「暇な時間はいつも単語を確認している」という、Mちゃん(小学5年生)の単語カード。

 

コツコツ頑張っている成果もあり、毎回の単語テストはすべて満点でした。

 

語学の学習は「継続は力なり」です。すぐには成果は出ませんが、少しずつ力をつけていき、大きな自信へつなげていってもらいたいと思います。

英検準2級合格おめでとう! S-CBTと普通の英検の違いは?

中学1年生で英検準2級に合格したMくん。英検S-CBT(ニュースレター8月号で紹介した、コンピューターを使っての英検受験です。詳細はこの記事の下記をご覧ください。)を利用したので、普通の英検との違いなどについて聞いてみました。

〇コンピューターでの受験はどうでしたか。難しい?

難しいことは何もありませんでした。作文は手書きを選んだので、それも問題ありませんでした。一人一人個別のブースの中での受験なので、集中することができました。

“英検準2級合格おめでとう! S-CBTと普通の英検の違いは?” の続きを読む

換気で気分もリフレッシュ!二酸化炭素モニターを導入しています。

こんにちは。暑い日が続きますね。

夏期講習も終わりに近づいてきましたが、生徒たちも頑張っています。

これまで様々な感染対策をご紹介してきましたが、今回はCO2モニターのご紹介したいと思います。(これまでの感染対策の一覧はこちら。

換気のタイミング等を確認できるように、すべての部屋に二酸化炭素計測モニターを導入しています。

数値で二酸化炭素のレベルが把握できるので、新型コロナ対策だけでなく、適度な換気のタイミングも知ることが出来ます。(一時期、マスコミ等で話題になった、CO2が計測できないものではなく、NDIR方式でCO2を計測できる方式のものを使っています。)

換気で気分もリフレッシュして、集中して学習できるような環境整備を行っていきたいと思います。

皆様のご協力・ご理解よろしくお願いします。

コラム:東大ってどんなところ?リアル東大生ライフ!(第1回)

東大生というと、テレビで見る華やかな学生を思い浮かべるかもしれませんが、大多数は地味な大学生活を送っています。そんな普通の東大生の生活について、当教室の卒業生、SH(理科I類2年生、大石小学校出身)が不定期にレポートします。教室に通ってきている小学生、中学生にとって「大学」とはまだ遠い世界のことだと思いますが少しでも身近に感じてもらえると嬉しいです。(2021年7月ニュースレターからの掲載です。)


第1回:大学ってどんなところ?

はじめまして、SHです。今回執筆を依頼されましたので、私が通っている東大について生徒のみなさんに紹介していこうと思います。好評であれば連載が続くかもしれません、、、ファンレターや感想をお待ちしています。

さて、第一回のテーマは「大学ってどんなところ」です。東大生をはじめとする大学生の生活は、小中学校とは大きく異なっている部分も多く、謎に包まれています。その中でもいくつか特徴的なポイントを見ていきましょう。

大学の特徴①規模が大きい

一般的に、大学は高校までとは比べものにならないほどの規模感があります。例えば東大は東京ドーム7000個分の敷地に27000人もの学生を抱えています。キャンパス内には多くのビルが立ち並び、図書館やコンビニ・レストランもあり、バスも走っているのでまるでひとつの街であるかのように感じられます。(※あくまで大規模な総合大学に限った話です。)

大学の特徴②自由

決まった時間割があり、クラス全員で同じ授業を受ける小中学校とは異なり、大学では取る授業や数を自由に選ぶことができます。授業を受けることで単位をもらうことができ、単位を指定された種類や数だけ集めることができれば卒業・進級が認められるので、スタンプラリーのような気分で授業を受けることになります。ですから、例えば月曜日の午前に授業を入れないことで朝をのんびり過ごしたり、空き時間を固めてアルバイトや部活動に使ったりと、忙しさを自分なりにコントロールできるのが大きな特徴です。まあ工学部の2年生は週に22~23個の授業を受ける必要があるので空ける暇もないんですけどね。

大学の特徴③オンライン授業

昨年世間を騒がせた感染症の流行以来、多くの大学の授業は主にオンラインとなっています。実際に大学に行かず、パソコンを開いて動画をみる授業がほとんどです。少し悲しいですが、どこからでも受けられたり、寝坊しても動画が残っていたりとオンライン授業ならではのメリットもたくさんあります。

まだまだお話したいことはたくさんありますが、今回は以上となります。大学生の生活をイメージすることはできましたか?次回以降は東大に的を絞って、面白い話題や豆知識をお伝えしていきます。

夏期講習がはじまります!(個別クラス)

今週の土曜日、7月17日から個別クラスの夏期講習が始まります!(既に申込は終了しています)

夏休みはこれまでの学習内容をまとめて復習できる非常に貴重な期間です。今年の夏も暑そうですが、効率よく学習して、この夏を乗り切りましょう!

特に中学3年生は、今年度から県立高校入試が前倒しになり、出題範囲の変更も予定されています。早めに1~2年の復習、苦手分野の克服をし、積極的に受験に備えましょう!

実施の日時は教室のカレンダーをご確認ください。

 

トップをキープしている生徒に勉強のコツをインタビュー

教室に通ってきている中学生で、各学校のトップ20に入っている生徒に勉強のコツや頑張っていることについてきいています。

今月はH中学校2年のIくんです。

Q:得意な科目は?

数学と英語と理科です。

Q:数学な苦手な生徒も多いですが、好きになったきっかけは?

小学校1年生のときに、兄が僕に難しい算数の問題を出しました。最初は全く分からなかったんですが、長時間考えた末に解くことができました。大変でしたが、「解けるようになるのって面白い」と感じました。

Q:苦手な科目は?

国語と社会です。暗記が得意ではありません。

Q:試験勉強はどのように取り組んでいますか。部活と勉強の両立には何に気をつけていますか?

平日はあまり時間がないので、各教科のノートの見直しを中心にしています。週末はワークなどの問題を中心に取り組み、平日学習した内容がしっかり出来ているかを確認しています。

教室の感染対策について(新年度2021年度のご紹介とお願い)

昨年度も何度かお知らせしていますが、新年度になり、新しい生徒さんもいますので、改めて当教室の感染対策のご紹介とお願いです。

1.非接触の顔認証カメラによる体温計測

以前から通ってきている生徒たちはよく知っていると思いますが、教室の玄関を入ってすぐ正面のところに顔認証での体温チェックカメラ(非接触検温計)が設置されています。

 

生徒たちだけでなく、教室に入る保護者の皆さん全員に実施をお願いしていますので、教室に入室される際には体温チェックについてご協力よろしくお願いします!

 

2.消毒スプレー

1階の玄関、2階の教室入り口には手の消毒ができるように、消毒スプレーを設置しています。

 

入室の際は、必ず手を消毒するようお願いします。

 

3.空気清浄機、加湿器

建物内のすべての教室(1階、2階とも)には空気清浄機、加湿器を設置して常に空気の管理をしています。

パソコン(タブレット)で空気の状態を記録・管理できる優れものです!

また、換気扇の常時運転、換気のため窓を定期的に開けています。

 

4.アクリルボード等による飛沫防止対策

個別指導クラスでは、基本的に講師としか会話をすることはありませんが、飛沫防止の対策のため、講師机には大型のアクリルボードを設置しています(写真では透明なので分かりにくいですね)。

また、講師は全員が常時マスクを着用しています。

生徒さんたちのマスク着用にもご協力よろしくお願いします。

 

当教室では、このような感染対策を昨年から実施してきていますが、また定期的にご紹介、お願いをしていきたいと思います。


“教室の感染対策について(新年度2021年度のご紹介とお願い)” の続きを読む