コラム:東大ってどんなところ?リアル東大生ライフ!(第1回)

東大生というと、テレビで見る華やかな学生を思い浮かべるかもしれませんが、大多数は地味な大学生活を送っています。そんな普通の東大生の生活について、当教室の卒業生、SH(理科I類2年生、大石小学校出身)が不定期にレポートします。教室に通ってきている小学生、中学生にとって「大学」とはまだ遠い世界のことだと思いますが少しでも身近に感じてもらえると嬉しいです。(2021年7月ニュースレターからの掲載です。)


第1回:大学ってどんなところ?

はじめまして、SHです。今回執筆を依頼されましたので、私が通っている東大について生徒のみなさんに紹介していこうと思います。好評であれば連載が続くかもしれません、、、ファンレターや感想をお待ちしています。

さて、第一回のテーマは「大学ってどんなところ」です。東大生をはじめとする大学生の生活は、小中学校とは大きく異なっている部分も多く、謎に包まれています。その中でもいくつか特徴的なポイントを見ていきましょう。

大学の特徴①規模が大きい

一般的に、大学は高校までとは比べものにならないほどの規模感があります。例えば東大は東京ドーム7000個分の敷地に27000人もの学生を抱えています。キャンパス内には多くのビルが立ち並び、図書館やコンビニ・レストランもあり、バスも走っているのでまるでひとつの街であるかのように感じられます。(※あくまで大規模な総合大学に限った話です。)

大学の特徴②自由

決まった時間割があり、クラス全員で同じ授業を受ける小中学校とは異なり、大学では取る授業や数を自由に選ぶことができます。授業を受けることで単位をもらうことができ、単位を指定された種類や数だけ集めることができれば卒業・進級が認められるので、スタンプラリーのような気分で授業を受けることになります。ですから、例えば月曜日の午前に授業を入れないことで朝をのんびり過ごしたり、空き時間を固めてアルバイトや部活動に使ったりと、忙しさを自分なりにコントロールできるのが大きな特徴です。まあ工学部の2年生は週に22~23個の授業を受ける必要があるので空ける暇もないんですけどね。

大学の特徴③オンライン授業

昨年世間を騒がせた感染症の流行以来、多くの大学の授業は主にオンラインとなっています。実際に大学に行かず、パソコンを開いて動画をみる授業がほとんどです。少し悲しいですが、どこからでも受けられたり、寝坊しても動画が残っていたりとオンライン授業ならではのメリットもたくさんあります。

まだまだお話したいことはたくさんありますが、今回は以上となります。大学生の生活をイメージすることはできましたか?次回以降は東大に的を絞って、面白い話題や豆知識をお伝えしていきます。

コラム:コロナ禍による大学での遠隔授業対応の実際

〇オンライン授業は最先端?

新型コロナウイルスの感染対策により全国の小中学校は長い期間休校となりましたが、多くの大学ではインターネットによる遠隔授業を実施。遠隔授業というと、テレビ会議のようにリアルタイム、双方向通信をするようなイメージを持たれる方が多いと思いますが、実際には2種類の方法があります。

1つ目が、Zoom(当教室でも5月はこの方法で実施)、Microsoft TeamsやGoogle Meetといった仕組みを活用して、リアルタイムでの双方向通信で授業を実施する方法、

2つ目が、授業動画をあらかじめ準備してオンデマンドで配信する方法です(当教室でも中学校の英語クラスでは予習・復習動画を準備しました)。そして、学習管理システム(Learning Management System)の活用です。(インターネットで宿題等の管理をしていきます。当教室でもウェブで授業の進行状況の共有や宿題管理をしました。)

これらは決して最先端の技術ではなく、10年以上前からLMSによる授業管理を実施している大学はありました。しかし、そのほとんどが、一部の先生方だけでの利用であり、このような先行事例が、今回の新型コロナウイルスにより大学全体へと広がったといわれています。

〇オンライン授業、学生の評判は?

ニュース等で紹介される遠隔授業風景は圧倒的にZoomなどのリアルタイム授業であることが多いので、そのようなスタイルの授業が多くの大学生の支持を集めているかといえば、そうでもありません。

大学生からの評判はオンデマンド授業(ビデオ視聴)が一番高いという声が聞こえてきます。その理由ですが、オンデマンド動画配信は、好きな時に繰り返し授業内容を確認することができること、学生の自宅・下宿先の通信環境に与える負担が少ないなど、学生にとってメリットが多いことがあげられます。

オンライン授業は、授業の種類にもよりますが、上手に授業設計できれば、対面授業以上の学習効果があるとも言われ始め、東京大学などでは、今後も積極的に取り入れていくことをホームページ上で公表(副学長メッセージ 2020.7.15)しています。

かつては授業教材といえばプリントの配布が主でしたが、これからは、インターネットや動画の活用がもっと進んでいくことが予想されます。私たちの教育環境も時代とともに大きく進化していくことを感じています。

さわざき英会話スクール専任講師 沢崎敏文
(福井大学客員准教授・仁愛女子短大准教授)

東大、慶応等合格おめでとう!高校生もがんばってます!

 

東京大学

先日は中学生の県立高校の合格をお伝えしましたが、高校生も大学受験頑張っています。

当スクールは高校受験で卒業する生徒がほとんどですが、高校での継続的な学習環境を求めて継続する生徒もいます。

今年は、東京大学、慶應義塾大学、同志社大学、仁愛女子短期大学に合格。

大学では自分の目標に向かって勉学に励み、活躍してほしいと思います。

合格おめでとう!!

 

※これまでの高校生の合格実績(高校生まで通った生徒のみの実績です)

神戸大学(工学部)、名古屋大学(法)、福井大学(教育)、福井大学(国際地域)、福井大学(工学部)、立教大学、立命館大学、京都産業大学、神戸学院大学、仁愛大学、福井工業大学、福井医療大学、仁愛女子短期大学