コラム:東大周辺にある謎のカフェ – リアル東大生ライフ!(第3回)

東大生というと、テレビで見る華やかな学生を思い浮かべるかもしれませんが、大多数は地味な大学生活を送っています。そんな普通の東大生の生活について、当教室の卒業生、SH(工学部3年生、大石小学校出身)が不定期にレポートします。教室に通ってきている小学生、中学生にとって「大学」とはまだ遠い世界のことだと思いますが少しでも身近に感じてもらえると嬉しいです。(2022年5月ニュースレターからの掲載です。第1回「大学ってどんなところ?」はこちらから。第2回「東京大学の授業」はこちらから。


第3回:東大の周辺にある謎のカフェ?

ニュースレター愛読者の皆さん、お久しぶりです。およそ一年ぶりに記事の執筆を依頼されましたので、東京に暮らす大学生の視点から面白いと感じた物事を引き続き紹介していこうと思います。今回のトピックは大学周辺に多く存在する謎の無料カフェです。

大学生にもなると生活の自由度が高く、誘惑も多いため、自宅では勉強に集中できない人がほとんどです。それでも卒業するためには試験やレポートに向けて一定の勉強時間を確保する必要があるため、カフェがよく利用されます。比較的静かな空間で人の目も感じられ、電源やネットワーク環境が整っているのが魅力で、図書館よりもアクセスや雰囲気が良いことも多いです。しかしここで問題となるのがその価格です。カフェを利用するためには店の商品を購入する必要があり、コーヒーを一杯だけ頼むとしても毎日通えば月に10,000円ほどの出費になってしまいます。これでは経済的困窮に苦しむ多くの学生が救われません。

そんなときに利用されるのが、大学の近辺に存在する「無料カフェ」です。ここでは学生なら無料でコーヒーやジュースを飲むことができ、ほかのカフェとほぼ同じ環境を得ることができます。実際東大の目の前には「知るカフェ」や「キャリアチケットカフェ」といった無料カフェがあり、作業や友人との交流を求めていつも多くの学生で賑わっています。

賃料や人件費、ドリンク代など出費もかさむ中で、このようなカフェはどうしてサービスを継続することができるのでしょう?その真相はカフェの目的にあります。これらの施設は実はただのカフェではなく、優秀な学生と交流して採用につなげたい企業をスポンサーとすることによって成り立っています。企業から年数百万円の協賛金を受け取る代わりに店内に資料や広告が掲示されたり、企業の広報や採用に関わるイベントが開催されたりしています。これによって学生と企業の双方にメリットのある仕組みが構築されていたのです。大規模な総合大学の付近には大概無料カフェがあるので、近辺に立ち寄った方は是非足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

今回は以上となります。連載は不定期となりますが次回の更新を楽しみにお待ちください。

新年度で新しいクラス・スタート! – 嬉しいニュース、東大合格おめでとう!

新年度が始まりました。皆、学年が一つ上がり、「クラス替えがあった」「担任の先生が変わった」など、嬉しそうに話をしてくれます。

 

そして、英語クラス、個別指導クラスとも新しい生徒を迎えました。まだ緊張が見られますが、少しずつ慣れてくれるといいなと思います。

“新年度で新しいクラス・スタート! – 嬉しいニュース、東大合格おめでとう!” の続きを読む

コラム:東京大学の受業 – リアル東大生ライフ!(第2回)

東大生というと、テレビで見る華やかな学生を思い浮かべるかもしれませんが、大多数は地味な大学生活を送っています。そんな普通の東大生の生活について、当教室の卒業生、SH(理科I類2年生、大石小学校出身)が不定期にレポートします。教室に通ってきている小学生、中学生にとって「大学」とはまだ遠い世界のことだと思いますが少しでも身近に感じてもらえると嬉しいです。(2021年10月ニュースレターからの掲載です。第1回「大学ってどんなところ?」はこちらから。


第2回:東大の授業

お久しぶりです、さわざき英会話スクール卒業生のSHです。再び執筆を依頼されましたので、今回は東大の授業についてお話ししていこうと思います。科目や時間割が固定されている小中学校とは異なり、大学では卒業や進級のための一定の条件を満たせばある程度自由に時間割を組むことができます。

① どのように時間割を組むのか

ほとんどの授業は1コマ105分で、月曜1限から金曜6限の決まった曜限に割り振られています。これが重ならないように、かつ決まったルールを満たすように履修する授業を決めていきます。

例えば2年生の終わりまでに英語を8単位・その他の外国語を6単位・数学を6単位・(中略)・合計で56単位以上取得しなければならない、のような要件が入学した科類によって決まっています。

理系学生は多くの場合基礎の数学・物理の授業が必修となっているので、それに加えて興味のある分野の発展的な授業を3~4個履修するのが一般的です。

しかし文転などを視野に入れて語学や社会科学の比重を増やしている人も多くいます。参考程度ですが以下に僕の昨年の時間割を貼っておきます。

② 実際に履修した面白い授業

大学の授業は、一方的に先生の話を聞くものだけではありません。履修してみて特に興味深かった授業をいくつか紹介してみようと思います。

一つ目は「分解してわかる環境問題」という集中講義です。オンライン開催だったのですが自宅にテレビが送られてきて、ZOOMで指示を受けながら各家庭で分解実習を行いました。具体的な構成パーツやそれが環境に与える影響を手に取りながら学べるよい機会でしたが分解したテレビは各自で処分しなければならず、非常に大変でした。

二つ目は「図形科学」で、非常に自由度の高い授業でした。3D モデルの作り方を学びましたが最終課題のテーマが自由で、授業時間の1/3くらいが実質自由時間になっていました。僕は風力を利用して歩行する機構を作りましたが、機関車や不可能立体など個性にあふれた高度な作品も多く提出されていました。

今回は以上となります。掲載内容に関する質問や今後のテーマのリクエストなどがあればお気軽に教えてください。

コラム:東大ってどんなところ?リアル東大生ライフ!(第1回)

東大生というと、テレビで見る華やかな学生を思い浮かべるかもしれませんが、大多数は地味な大学生活を送っています。そんな普通の東大生の生活について、当教室の卒業生、SH(理科I類2年生、大石小学校出身)が不定期にレポートします。教室に通ってきている小学生、中学生にとって「大学」とはまだ遠い世界のことだと思いますが少しでも身近に感じてもらえると嬉しいです。(2021年7月ニュースレターからの掲載です。)


第1回:大学ってどんなところ?

はじめまして、SHです。今回執筆を依頼されましたので、私が通っている東大について生徒のみなさんに紹介していこうと思います。好評であれば連載が続くかもしれません、、、ファンレターや感想をお待ちしています。

さて、第一回のテーマは「大学ってどんなところ」です。東大生をはじめとする大学生の生活は、小中学校とは大きく異なっている部分も多く、謎に包まれています。その中でもいくつか特徴的なポイントを見ていきましょう。

大学の特徴①規模が大きい

一般的に、大学は高校までとは比べものにならないほどの規模感があります。例えば東大は東京ドーム7000個分の敷地に27000人もの学生を抱えています。キャンパス内には多くのビルが立ち並び、図書館やコンビニ・レストランもあり、バスも走っているのでまるでひとつの街であるかのように感じられます。(※あくまで大規模な総合大学に限った話です。)

大学の特徴②自由

決まった時間割があり、クラス全員で同じ授業を受ける小中学校とは異なり、大学では取る授業や数を自由に選ぶことができます。授業を受けることで単位をもらうことができ、単位を指定された種類や数だけ集めることができれば卒業・進級が認められるので、スタンプラリーのような気分で授業を受けることになります。ですから、例えば月曜日の午前に授業を入れないことで朝をのんびり過ごしたり、空き時間を固めてアルバイトや部活動に使ったりと、忙しさを自分なりにコントロールできるのが大きな特徴です。まあ工学部の2年生は週に22~23個の授業を受ける必要があるので空ける暇もないんですけどね。

大学の特徴③オンライン授業

昨年世間を騒がせた感染症の流行以来、多くの大学の授業は主にオンラインとなっています。実際に大学に行かず、パソコンを開いて動画をみる授業がほとんどです。少し悲しいですが、どこからでも受けられたり、寝坊しても動画が残っていたりとオンライン授業ならではのメリットもたくさんあります。

まだまだお話したいことはたくさんありますが、今回は以上となります。大学生の生活をイメージすることはできましたか?次回以降は東大に的を絞って、面白い話題や豆知識をお伝えしていきます。

東大王になれるかな?算数クイズ大会を実施しました!

週末、「算数クイズ大会」を実施しました。

3~4年生、5~6年生に分かれて

「ちょっと頭を使う」算数クイズを出題。

「早く解ければいいのではない」

「じっくり考えることが大切」

というルールを説明した後、様々な問題に取り組んでもらいました。

 

学校で解く問題とは一味違った問題で、「分からない~」という声も出ましたが、ヒントも使いながらじっくり考えていくと「できた!」の声。自分の力で解答を見つけたときの嬉しそうな顔がとても印象的でした😄。

また、教室を卒業した東大生をゲストに迎えていたので、

「東大に入るためにどれだけ勉強した?」

「小学校のときはどんなことをした?」

など、様々な質問が出ました。東大、少しだけ身近に感じたかな?😝

<参加者の声>

    • 難しかったけど、楽しかった!
    • 問題が解けたときはスッキリした。

<保護者の方の声>

    • 面白かったようで、家では家族で問題に挑戦しました。
    • 「これ難しかった!」と家に帰るなり父親に問題を出していました。
    • 問題を見せて「僕はこの問題解けた!」と自慢げでした。

東大、慶応等合格おめでとう!高校生もがんばってます!

 

東京大学

先日は中学生の県立高校の合格をお伝えしましたが、高校生も大学受験頑張っています。

当スクールは高校受験で卒業する生徒がほとんどですが、高校での継続的な学習環境を求めて継続する生徒もいます。

今年は、東京大学、慶應義塾大学、同志社大学、仁愛女子短期大学に合格。

大学では自分の目標に向かって勉学に励み、活躍してほしいと思います。

合格おめでとう!!

 

※これまでの高校生の合格実績(高校生まで通った生徒のみの実績です)

神戸大学(工学部)、名古屋大学(法)、福井大学(教育)、福井大学(国際地域)、福井大学(工学部)、立教大学、立命館大学、京都産業大学、神戸学院大学、仁愛大学、福井工業大学、福井医療大学、仁愛女子短期大学